もやし

工場紹介

PLANT INTRODUCTION

生産工場案内

九州で最初に太モヤシの量産を手がけて39年の実績を活かし、
更なる安定した商品の量産のため、平成10年5月より佐賀県吉野ヶ里町に、佐賀工場を稼働開始致しました。
地下500メートルより汲み上げた、脊振山系の天然水を使用し、創業以来、
無農薬、無漂白を徹底し大切に育てた「もやし」を九州全域及び山口地区まで出荷いたしております。
また、平成26年7月よりカット野菜の出荷も開始しており、これまで以上に安全で、
安心な食の提供へ尽力しております。

原料保管庫

厳選された原料は良好な栽培状態を得る為、工場内の冷蔵庫にて保管します。

原料保管庫1

原料保管庫2

原料種子殺菌用熱殺菌機

原料に付着した汚れや菌等を、熱殺菌機によりしっかり除去します。

原料種子殺菌用熱殺菌機

栽培開始状態

殺菌をした後、光を当てずに水をかけながら、もやしが成長していきます。

栽培開始状態

出荷前状況

生産能力日産25トン(125,000パック/200gパック換算)の栽培室で、毎日製品出荷しています。
出荷の前には、この状態まで成長しています。

出荷前状況

image4-1

もやし洗浄槽

栽培されたもやしの豆殻や根クズ等をきれいな水で洗い流しつつ、水流を活用し後工程へ送ります。

もやし洗浄槽

根取り機(根取り部)

もやしの根、ひげ根を、機械により出来る限り除去します。
主力の太もやしには最新の根取り設備を導入し、ひげ根の少ない製品を出荷しています。

根取り機(根取り部)1

根取り機(根取り部)2

根取り機(根取り部)3

根取り機(シャワー部)

除去された根クズ等を、シャワーにより洗い流します。

根取り機(シャワー部)1

根取り機(シャワー部)2

根取り機(シャワー部)3

目視

洗い流しきれなかった根クズや豆殻等を、目視作業により取り除きます。

目視1

目視2

計量機及び包装機

規定の量を計り、それぞれの製品を打ち出します。

計量機及び包装機1

計量機及び包装機2

ウェイトチェッカー及び金属探知機

重量の不備や、金属が紛れていないかをチェックします。

ウェイトチェッカー

金属探知機

出荷前保管冷蔵庫

各種コンテナに箱詰めした後は品温管理を大切にし、出荷まではこの大型冷蔵庫で予冷を行います。

出荷前保管冷蔵庫

冷蔵車両ドッグ

出荷のタイミングになると、ドッグより運び出し、冷蔵車にて配送されます。

冷蔵車両ドッグ

残渣処理整備

もやしの残渣を絞り、牛の飼料とする等、環境に配慮した適切な処理を行います。

残渣処理整備

排水処理整備

工場内からの排水は、活性汚泥により処理をし、きれいな状態へとしています。

排水処理整備

非常電源

大型発電設備で、台風等での停電対策も万全で、安定供給を可能にしています。

非常電源

ISO認証

当社は、平成18年3月、
ISO9001 品質マネジメントシステム規格 及び
ISO14001 環境マネジメントシステム規格の認証
を同時取得いたしました。

ISO9001

ISO14001

PAGE TOP

© 2015 - 2017 Kawasakisyokuhin Co.,Ltd.